— Delirious New York Diary

写真という建築手法

写真という3次元あるいはそれ以上である空間を2次元に封じ込めるメディアは、諸刃の剣となりうる。

実際空間の視覚にとどまらない様々な情報をいかに捉えるか。自らの外部に存在しつつ、時間と記憶の地平へと覚醒していくempathyをいかに見る者の内部に呼び起こすことが出来るか。

street 写真という建築手法

写真が視覚を足がかりに様々な知覚と個人の記憶を刺激していくこと。それは空間を理解し、自らの中で再構築し実際空間との関係を作り上げる建築においての空間認識と変わるところはない。

全ての写真というものは、建築手法そのものなのだ。視覚によって促される刺激とは、見る者のそれに対する反応とは何なのか。そこに厳しい問いのメスが入っていない写真はまた与えるものも限られている。

1 comment
  1. 今日から新しいブログになりました

     昨日から新しいブログを検討していましたが、FC2にお世話になることにしました。■デザイン的に、かなりHTMLなどでカスタマイズできるのはいいですね。■特に写真を掲載することになりますから、 テキスト無制限、 画像250KB/1枚以下、計1GB以下の仕様

Submit comment

Spam Protection by WP-SpamFree