— Delirious New York Diary

千葉県多古町の古民家改修 その5. 建物の間取り 5. Space configuration of the original / new building

民家の改修は最終段階に入っている。(レポートは完全に周回遅れ)数枚だけ現場写真を紹介しつつ、今回は建物内外の進捗状況についてはいったん脇に置き、建物の間取りについてのレポートになる。

The renovation of the old Japanese house is now at the final stage. (while the report is so behind…) I introduce one photo of the current condition, yet this time I am going to report the “space/configuration” of the building.

DSC5850 千葉県多古町の古民家改修 その5. 建物の間取り 5. Space configuration of the original / new building

夕闇迫る時間に撮影。まだ障子紙は貼っていないので、夜、障子紙を通じて見える姿にはなっていない。外部仕上げについては今後。In the evening light. The shoji screen panels were not yet finished with translucent paper, thus it is not yet a final view of the building.

以前の平面プランと新しい平面プラン

Original building plan and the new floor plan

1. 構造を残して建物の内装を剥がした際、いくつか当初の遺構が残っていた。畳下の野地板の下には、石を積んで漆喰で固めた囲炉裏が部屋ごとに一つずつあり(計2つ)煮炊きをしたり、暖を取ったりしていたのではないかと思う。建て増しした下屋にあったかまどは現在も販売されている新しいものなので、独立した厨房は当初は備えられておらず、後ほど加えられたものと考えられる。今回、厨房エリアは居間よりも一段低い床仕上げとし、天井の小屋組を見せつつ壁で仕切って充分な作業スペースを取った。

1. When the interior finishes was removed from the structural elements, there were some left over elements of the old condition.  For example, there were fireplaces on the floor by stacking up stones (at each room of the two living rooms) for cooking, dining and warming at the fire.  The stone cooking stove appeared to be quite new, which is still sold in today’s market–this area was also added in recent renovation.  The new kitchen area has a floor height slightly lower than the level of the living rooms, while the ceiling’s roof structure is exposed to maintain the height of the space.

 

Original spaces 千葉県多古町の古民家改修 その5. 建物の間取り 5. Space configuration of the original / new building

建物のオリジナルの状態と、追加部分を示している。

2. 風呂場はブロック積みの基礎で固められているため、ごく最近の施工だろう。厨房と居間の間に1.5間の玄関があるが、ここはコンクリートも打たれていない土間そのもので、その上に土台が置かれ、下地板が置かれているだけの簡易施工だったことからも、居間部分と厨房・風呂場まわりはかなり後に増築したものだろう。1.5坪あったスペースは1坪の風呂場と0.5坪のトイレに分け、古いトイレ位置には広めの洗面スペースを取っている。

2. Bathroom area is constructed with concrete foundation, therefore it is the latest addition to the building.  The original entrance area was simply a soil ground without any covering, with a foyer space with just a basic foundation + flooring composite panels.   This foyer space is actually the most important connection point to access the living space, kitchen, bathroom areas, therefore the new design kept the space and emphasized its functionality by introducing walls to separate the space from the entrance and kitchen area.  (sliding doors with translucent glass were kept to close the entrance area)  The original traditional style toilet was completely removed, providing a large powder room area, which also clearly separate the bedroom and bathroom areas.  Large bathroom was separated to provide a modern toilet space.

 

3. トイレは建物脇の外部に独立した屋根付きの厠があるのだが、利便性を考えて増築時に部屋の一部を区切って、非常に簡易的なものを造り付けたとみられる。これは完全に撤去した。

3. Actually, there was an exterior toilet/storage shed outside of the building on the west side.  This shed was demolished to clear up the space for larger open space in front of the kitchen with a large view window.

Reformed spaces txt 千葉県多古町の古民家改修 その5. 建物の間取り 5. Space configuration of the original / new building

新しい平面図。周り廊下を居間スペースに取り込んでいる点、玄関による各機能スペースへのアクセス、水回りが大きく変更されている。

4. これまで居間と建て増し部分の隙間であるかのようにきちんと仕上げられず打ち捨てられていた土間玄関はコンクリート打ちし、式台と上がり框を廻して来訪者が時に腰掛け話が出来る場所として、家の顔として機能する玄関になるようにした。ここでは屋根裏の小屋組を見上げることができ、さらに屋根の天窓から光が射しこんで明るい。居間部分の大きな縁側と共に、気軽に来訪者を迎え入れることのできる玄関となった。

4.  The entrance is now clearly defined by setting concrete floor finish with entrance porch outside of the large sliding entrance doors.  The entrance is large enough to be used as a welcoming space to sit down on a platform mediating the floor hight differences of the entrance/foyer/living room.  Also, this is the best area to look up the exposed roof structure, while a top light is taking the plenty of daylight into the space.

DSC5851 千葉県多古町の古民家改修 その5. 建物の間取り 5. Space configuration of the original / new building

入り口周り。土壁は以前に合板で覆われていたが、新たに杉板で仕上げている。詳細は今後。Entrance. Mad wall (bamboo reinforcement inside) was covered by veneer panels, but this time it is renewed by cedar wood panels. Details to be in the next entries…

 

5.  下屋になっている回り縁はもともと板敷きで、これまでは畳敷きの居間部分とははっきりと分けられていた。下屋であることから居間周りに後付されたものと思われ、しっかりした基礎や構造が設けられていなかったため歩くと沈み込んだりきしんだりしていた。今回、構造を建物本体部分と一体化し固定、また構造部材を増やして歩いた際に不快な沈み込みが起こらないようにした。さらに居間と同じ床仕上げとしているため、居間の付加要素であった回り縁が居間の一部に一体化された。障子を閉め切れば居間と区切ることもでき、冬などの寒い時期に空気層として断熱に寄与することだろう。なお建物東面は雨戸の造作を変えて壁としているため、開け放つことも可能。また閉めきった時のために、明かり取りの白色ポリカの小窓を2面設けた。

5.  The original corridors attached to the living rooms have lean-to roofs, with fully operable glassed sliding door on the south side and opaque storm door panels on the east side.  (Translucent panels were put on the storm door panels) This part of the building was originally finished in wooden floor, while the structure was weak as it was not fully fixed to the main part of the building.  This time, its structure was revised and fixed so that the floor is continuous from the main living space.  (There are doorsills for sliding shoji panels in order to separate the space from the living space in winter time.

DSC5855 千葉県多古町の古民家改修 その5. 建物の間取り 5. Space configuration of the original / new building

建物東面は雨戸を作り直し、開け放つことのできる壁とした。朝方の光取りとして半透明のポリカ板を二箇所に入れている。East side is fixed with operable sliding doors. There are two translucent windows for light intake in the morning time.

6.  二間の居間(各8畳)の北面には二間の6畳間がある。一間はふすまで仕切られ、もう一間は障子と造り付けの仏壇及び障子戸によって居間と仕切られている。下屋的に一段低く伸びている屋根の姿がそのまま部屋の天井に現れており、片流れ状の天井と梁がによって屋根裏的な、プライベートな雰囲気のある部屋になっている。また、大きな開口の腰窓が北面に拡がり、大きな裏庭を見渡せる。

6.  There are two bedrooms on the north side of the living space.  One is separated from the living space by “fusuma” sliding panels (opaque sliding panels) while the other is separated by “shoji” sliding panels. (Translucent sliding door in Japanese traditional paper) Those two rooms have a lean-to roof with exposed beams, thus it has the atmosphere of an attic space with a view to the wide open backyard full of trees.

 

今後は、回り縁状の廊下の先にウッドデッキをつなげて建物内外をさらにゆるやかに連続させ、建物北面にも裏の広大な庭を楽しめる屋外デッキを追加していければと考えている。そして将来的には、建物北側の大きな敷地には、わたり廊下を中継して連結される別棟を追加していきたい。

As a next stage of the renovation project, I would like to introduce a wood deck in front of the living rooms to expand the interior space to the exterior space.  Also, the north side of the building could have a deck space to enjoy the natural environment of the backyard.  An extended corridor would be introduced when annex is constructed.

 

0 comments
Submit comment

Spam Protection by WP-SpamFree