— Delirious New York Diary

千葉県多古町の古民家改修 その6. 裏庭の作業小屋 6. Workshop in the backyard

今回民家を改修してくれた棟梁が、借地に建てていたために立ち退きの際、取り壊さなければならなくなった木材加工の作業小屋を、裏庭の空いたスペースに移築してくれることになった。

The master carpenter who renovated the old Japanese house was told to leave the place he built his workshop—the land space is not his own, he had been leasing the lot. It is unfortunate but he had to demolish the workshop—then there is the backyard of my house, which is so wide open.

IMG 1122 千葉県多古町の古民家改修 その6. 裏庭の作業小屋  6. Workshop in the backyard

最初の柱と梁はロープで立ち上げた。柱の乗る土台は、地中に埋めた杭に乗っている。The first set of columns and beam was set by rope. The ground foundation is fixed on top of those piles set in the ground.

日本の伝統的な木材建築で最も特筆すべき点は、木組みによる木材の組み上げによって建ち上がる構造物が、解体すれば部材ごとの「部品」に戻り、再度組み上げることができるという点にあるかもしれない。今回のプロジェクトではそれを強く通関させられた。鉄筋コンクリート造りなどの建築物ではこうはいかないのである。

The most significant advantage of wooden construction found in Japanese traditional architecture is that the once built structure can be disassembled into pieces of wooden part, and if wanted, those pieces can be reassembled in order to rebuild it in similar manner. I strongly realized with this point in this renovation project—it can not be done in construction method such as reinforced concrete building.

棟梁は建物を丁寧に解体し(というより分解と考えたほうが良い。最近の「解体」は建物を破壊する方法を採るからだ)構造や部位にしたがって各部材をまとめ、部材の合わさる場所と組み合わされる部材どうしを記号や数字で示しておく。こうすることで、再度組み上げる際にどの部材のどこがどう組み合わされるべきか、瞬時にわかるようになるのである。

The master carpenter disassembled the workshop, put those pieces in manageable order by numbering, marking and grouping according to the structural, functional roles. By doing so, it can be instantly figured out that how each piece of material can be put together and fit.

IMG 1125 千葉県多古町の古民家改修 その6. 裏庭の作業小屋  6. Workshop in the backyard

重い部材は伝統的な三叉を用いた。単純な装置で、二本の長い木材を三角形に起ち上げ、滑車を吊るして木材を引っ張り上げる。以前はこうした装置で大規模な寺院や城を建設していた。Heavy materials were set by traditional wooden crane–it is a simple instrument by using two wooden poles fixed in a triangle, with pulley pulling up the material by rope. This is how traditional building, even a large scale temples or castles were constructed.

組み上げられて数十年を経た木材は、その木の特性によって特定の癖を持ち、歪みやねじれが生じている。例えば、太陽光にどのように当たっていたかーー太陽は東から昇り西に沈み、一日の中でも日射の強さや温度差がある程度一定に変化するため、日光にさらされる建物もその変化によって、長年の間にしだいにねじれが生じてくる。建物として部材同士が組み上げられている際にはその歪みが抑えられているものの、解体すると一気にその癖が顕在化するのである。
Each piece of wooden material has its own, peculiar distortion after years. Such distortion could occur in various reasons—for example, the sun orientation could dry or heat a building in different manner—as the sun travels from East to the West, climbing higher in the sky to heat the ground or building structure in inconsistent manner. While distortion of each piece is suppressed when put together with other piece, such distortion becomes significant when disassembled.

IMG 1126 千葉県多古町の古民家改修 その6. 裏庭の作業小屋  6. Workshop in the backyard

三叉を使い、奥から手前に三叉をずらしながら梁を渡していく。Using the wooden crane, from the back to the front, the set of beam-columns was fixed one by one.

IMG 1127 千葉県多古町の古民家改修 その6. 裏庭の作業小屋  6. Workshop in the backyard

今回はスペースの問題で重機が入れないため、伝統的な方法で棟上げを行った。三叉と呼ばれる二本の長い木材を三角形に組み、滑車を使ってクレーンにして重い梁材などを持ち上げるのである。重機は建設の効率化を一気に進めた立役者ではあるが、こうした伝統的な方法でも十分、建設することが可能であることが今回わかった。重機は安くても買えば数百万円、借りても日毎数万円するところ、たった二本の長い木材と滑車、ロープがあれば数人の人力で相当に重い部材を持ち上げることができる。実際、昔はこうした方法で大きな寺院さえ建設していたのだ。

During this reconstruction, any heavy equipment could not go into the backyard, thus we used more traditional method. By using two long wooden pieces put together in triangle shape, along with ropes and pulleys, even heavy pieces of wood can be lifted up by a few people. Actually, even a large temple or a castle were constructed by using such equipment.

IMG 1134 千葉県多古町の古民家改修 その6. 裏庭の作業小屋  6. Workshop in the backyard

シンプルな柱+梁構造に、筋交いを立体的に組み入れることで全体を補強し揺れを防ぐ。木材に歪みがあるためなかなか組み上げにくいものの、歪み方向にロープで構造を引き戻して歪みを補正した上でこれら筋交い等を組み上げていく。 By fixing those diagonal braces, the entire building is fixed in position without distortion. It is hard to fit those braces because of the distortion, but once it is set, the structure is solid and distortion-free.

土台は布基礎の上に置くのではなく、2mの木製の杭を地面に打ち込んでその上に置いている。木の杭は確かに地面から上の部分が腐食する可能性があるものの、地中部分はほとんど腐食しない。また杭を使いベタ基礎にしないことで、風通しの良い状況を作ることができる。
土台の上には柱と梁を先述した方法を用いて組み上げ、その後屋根部を組み上げていく。

Ground sills are fixed on wooden piles, rather than using concrete foundation. Those piles in 2m long were hammered into the ground—while wooden pile could be deteriorated at the part above the ground, the part in the ground would not be decayed. (actually, wooden piles have been found in the ground from remains of old buildings, some several thousands years old)
On top of the ground sills, columns and beams were assembled by using the method described above.

IMG 1136 千葉県多古町の古民家改修 その6. 裏庭の作業小屋  6. Workshop in the backyard

梁の上には束を立て、棟木を渡していく。高さがある小屋のため、重い部材を持ち上げるのは骨が折れた。それでも棟梁は細く揺れる足場の上で、バランスを取りながらこれらを組み上げていくのだ。On top of the beams, roof supporting piles are fixed and roofridges were placed. Those heavy materials were hard to bring up to the roof level, although the master carpenter even walks around on the narrow and shaking scaffolding…

木材の歪みにより、組み合わせることが難しい部位も出てくるが、ロープを使って建物の各部を引っ張ることで対応することができる。組み上がった部分も下げ振り子等を利用して歪みを測り、計算しながらこうした歪みを取っていく。

Some part of the building can not fit well because of distortions, but those can be fixed by pulling or pushing some part of the building. We managed to get it right.

それにしても、二日目の棟材や束の持ち上げには骨がおれた。棟梁は下から相当な重さのある部材を引き上げ、場合によっては高い梁の上でアクロバチックに長く重い部材を回転させたりしているのだ。とても一中一夜で習得できるものではない。

It was quite tiresome to pull up heavy wooden pieces. Master bring up to the beams and locate those on the particular places. The “dance” of the master can not be learned in short period of time.

IMG 1144 千葉県多古町の古民家改修 その6. 裏庭の作業小屋  6. Workshop in the backyard

棟木が組み上がれば、後は垂木を渡し野地板を貼っていき、屋根の下地を作る。Once the roofridge is in place, then rafters are fixed and roof sheathing boards are set.

屋根下でも木材加工時にじゃまにならないよう、階高と屋根が通常よりもかなり高くなっている。これから屋根を貼り、壁を貼っても相当な開放感を得られる作業小屋になるだろう。

The height of the beams and roof was determined based on the type of works to be done in the workshop. Long wooden pieces can be moved around the workshop. The workshop will be wide-open building.

続く。
To be continued.

IMG 1146 千葉県多古町の古民家改修 その6. 裏庭の作業小屋  6. Workshop in the backyard

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 comments
Submit comment

Spam Protection by WP-SpamFree