— Delirious New York Diary

カルヴィーノ「マルコ・ポーロの『見えない都市』」II. 都市と眼差 2

「ゼムルーデの街にその形を与えているのは、それを眺めるものの気分でございます。のんびりと口笛を吹き鳴らし、その調べのかげに鼻を仰むけ通りがかるときなら、下から上に見上げるその格好でゼムルーデを知ることでございましょう。すなわち、出窓、風にそよぐカーテン、噴水でございます」


ある教会のファサードを見上げる。表面が細かくパターンで覆われていて、視線が滑っていくことなく吸い寄せられていく。それでも空を見上げると青空


New YorkではFire Stairの設置が義務づけられている。鉄の時代の名残か、鋳鉄製のものがほとんどなのだが、その描くパターンがファサードをのっぺりしたものから生き生きとしたエネルギーのあるものへと変えている


ビレッジのアパート。スタッコの剥がれ落ちた下から現れた古びたレンガの風合いと、Fire Stairの細い飾りパターンが絶妙なほどにバランスのとれたファサード。新しい街のイメージのあるNew Yorkだが、建物の多くは実はこうしたクラシックな雰囲気を残す


ゲートから小さなCourtyardを覗く。それにしても”ナインハーフ”とは意味深。このユーモアのセンスはNew YorkerというよりAmerican


柔らかなライムストーンのファサードに、隣のビルの窓で反射した光が投げかけられていた。それにしてもこのファサードに見られる窓の上のペディメント(三角屋根や丸屋根の小飾り)には遊びが多くて、まるでミケランジェロの手によるものみたいだ。三角と円弧の対比(コントラポスタ)があって、それがさらに上階と下階で反転されている。ここではペディメントが窓枠から分離して、まるで浮いているように見えるのも面白い。普通キーストーンと呼ばれる「くさび」が三角屋根の頂点を下方から支える(そういうふりでも良い)のだが、このファサードでは「分離され浮遊する」ペディメントそのものを下の窓枠からつなぎ止めるために、キーストーンが使われ支えて(繋いで)いる。(左上の窓がその例)その下の窓では「キーストーン」が柱の頭飾り=柱頭に置き換わっているが。さらに見回すと、いくつかは普通にペディメント両翼で柱頭飾りの名残に支えられているのだが、支え1つだと危うい2者の連結とアンバランスさがかろうじて浮遊をつなぎ止め、2つだと独立した両者を繋いでいるというより上部を下部が天秤にかけて支えていると見え、(これが最も一般的で、イコール安定感がある)逆に過剰に3つの柱頭で支えられていると安定しすぎて「パターン」となり、3者が独立とその意味あいを無化されて、完全な装飾に堕ちていく。
ーーしかしそんなことにはまるで気付かれない中、光も棘を落として柔らかにファサードとたわむれ揺れる午後の一刻

「もしまた胸に顎を埋め、掌中に爪をしっかと食い込ませて歩いてゆくときならば、その視線は地上を這って、水溜り、マンホールの格子蓋、紙屑にゆき合うことでありましょう。都会の一つの姿を他の姿にもまして真であるとは申すことはできません。それゆえ、上向きのゼムルーデの話を聞くのは、とりわけても下向きのゼムルーデの中に埋もれてゆきながらもう一つの姿を思い出している人たち、毎日おなじ道筋を通り抜け、朝には前日の不機嫌が塀の根もとで固くなってこびりついているのを見つける人たちからなのでございます」


残光の中、もの言わぬFire Plugが長いかげを落として自己主張する


道路工事中に置かれる重々しい鉄のパネルは、のっぺりと舗装された道よりもなぜか都市を感じさせる。まるで都市の絆創膏だ。その上に、誰かが残していったトレッドの痕もまた、都市の、人の息吹


工事の際むき出しになった建物の骨格と、掘り返された地下から、過去があらわになる

「だれにしもあれ、早晩、雨樋にそって視線を下降させ、もはや敷石から目を離すことができなくなる日がやって来るものでございます。その逆もまた排除されてはおりませんが、なお稀でございます。さればこそ、今やわれらは視線を穴蔵や土台や井戸の下へと潜らせながら、ゼムルーデの街をなおさまよい続けてゆくのでございます」


長い間人がくり返し歩いたために磨かれて、鈍く光を跳ね返すようにして静かに歴史と存在を示す石のグラウンドと、人の手になる鉄の滑り止めの鈍い光。仲介を果たすは、これもまた少し崩れかけている赤いレンガ


以前アップした写真の別バージョン。短い夏の夕立の後、既に晴れ間がのぞいていた。水溜り、車のオイル、青空、時に沈む建物、吹きゆく風

久しぶりのため少し写真が多めに載せてあります。これからもよろしく。

4 comments
  1. sheeep says: 7月 31, 20061:43 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お久しぶりです。更新お待ちしておりました!やっぱり写真、素敵です。特に5番目の光、それ以降の写真の影(闇というべきでしょうか)、本当にいい目をおもちですね。ちなみに先日私も初のNYへ行ってまいりましたところです。最近自分は写真ブログの更新しかしておりませんが、お暇があったらぜ是非批評していただけたら光栄です。

  2. チョロQ says: 8月 2, 200612:55 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    サスペンス系の映画でよく刑事と犯人が追っかけっこしてる所ですね。

  3. ks530 says: 8月 3, 20061:32 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ひつじさん、こんにちは。時々おじゃましてます。
    チョロQさん、こんにちは。そういう「裏」っぽさはNYの至る所、転がっています。このカルヴィーノの「ゼムルーデ」の街のように。(どちらが虚構なのかーゼムルーデか、”マンハッタン”かー現実も、虚構も、その一線は紙一重。

  4. chelsea-luna says: 8月 3, 20068:16 AM

    SECRET: 0
    PASS: 4f3a5616f42048b44e5e322308d509ac
    復活しましたね♪なのにわたしのパソコンのしょぼさで写真が見れません。何度ためしても。。。次回またゆっくり見ますね。NYがだんだん近づいているので冬には二年半ぶりにいってきたいと思っています。新しい仕事の話もまた聞かせてください。(ブログではしないか、、)

Submit comment

Spam Protection by WP-SpamFree